売上の上下が激しく、収支が安定しない・・・
事前に売上が見込めてれば・・・
こんなに苦労もしなくて済むのに・・・

22時53分。 辺りは真っ暗で人通りもない深夜の時間。
ようやく今日の営業も終え、疲れた体を押しながら、営業後の作業に取り掛かる。

山田祐一 47歳。 居酒屋を始めて2年目。
お客さんからは美味しいねと言ってもらえているが、売上は当初の予想とは裏腹に低空飛行を続けている。

「ねえ、今月は、いくらおろすの?」 月末になると、妻からのプレッシャー。
定期預金を切り崩し、あと5か月もすれば、貯金も底をつく。

どんなに美味しい料理を作っても、売上の数字が全てを物語る。
そして、お客さんから注文されずに残った仕込済みの料理・・・
売れ残れば鮮度の関係上、廃棄処分しなくてはいけない・・・
朝早くに起きて仕込みをした美味しい料理の数々を、自らの手で廃棄する屈辱。

実はこの自分の手で自分の料理を捨てるほど悔しい瞬間は無い・・・
しかし、これも日常化してくるとその感覚すら麻痺してくる。

山田さんのお店からほど近い場所にある一軒の居酒屋。
ここは山田さんのお店と比べても料理は普通。でも、いつも混雑している。 特に宴会客が多い。

「なんで、うちのお店の方が料理も美味しいのにあっちのお店を利用するんだよ」

実はこのような悩みを抱えるのは、山田さんだけではない。
本当は美味しい料理を作っているのに、余計な苦労をしている飲食店主は多い。

もし、あなたのお店が、

あなたのお店の売上は安定します。
しかも、来店客数が事前に分かっていれば無駄な仕込をする必要もなくなり、作業時間も計画的、効率的になります。 更に良いことに、無駄な仕込がなくなることは、廃棄ロスも大幅に減らすことができるのです。

結果として、今まで以上に利益を伸ばすことが可能となります。

雨の日が嫌い・・・

飲食店をやっていると本当に苦痛に感じる日・・・それが雨の日です。

雨の日だと、明らかに来店者数が減るからです。
つまり、飲食店をやっていると常に天気に邪魔されることになるのです。

いつまでもこんなことの繰り返し?もう、嫌ですよね。

こうした天気に左右されながらお店の売上に一喜一憂する中で、雨だろうがなんだろうが、
ほぼ100%確実に来店してくれるお客さんもあります。

団体さん、いらっしゃ~い

個人客というのは、来店するかどうかが気まぐれで、雨とかで来店客数が左右されます。

その一方で6名、10名、15名、またはそれ以上の団体さんの予約というのは、
その日が雨になろうと、来店してくれます。

つまり、あなたのお店で宴会をやろうと思えばできるのに、
もし、宴会利用の客数が少ないのであれば、安定した売上を確保するために、
宴会利用の来店客数を増やすことが大事になってきます。

2つの種類がある宴会パターン

宴会利用が増えれば、事前の売上見込みも立ちますし、余計な廃棄ロスも減り経営は安定します。
しかし、宴会利用と言っても、実は宴会利用にも利用属性の違いにより2つのパターンがあるのです。

1つは低単価、ドタキャン確率あり、もう1つが高単価、ドタキャン確率ほぼ無し
なのですが、あなたはどちらの宴会利用客を望みますか?

前者の低単価、ドタキャン確率ありというのが、個人での宴会利用客です。
例えば、友人同士でのコンパなどはこの部類に入ります。

後者の高単価、ドタキャン確率ほぼ無しというのが、法人での宴会利用客です。
会社の忘年会、新年会、納涼会などの予約の場合、一度予約が入れば、よっぽどのことが無い限り、
キャンセルなどありません。

しかも、法人利用なので、比較的単価は高くても予約が入ります。
なので、お店の経営上、法人の宴会利用というのは、お店の利益を確保する上ではとても役立つお客さんなのです。

どうやったら法人の宴会客から
予約を受けられるのか?

それが、FAXDMによる法人宴会客の集客法です。
「え?今さら、FAXDM?誰もやってないじゃん」と思った方もいるかと思います。

しかし今、この方法で確実に宴会客をとっているお店が増えています。
なぜ、FAXDMで法人の宴会客がとれるのか?理由は2つあります。

1つ目 FAXDMをやるライバルが少ないから

そうです。FAXDMというのは、インターネットの発達により、やっている人が極端に減りました。
だから、チャンスなんですね。 ライバルもやってないから、反応がとりやすいんです。

例えば、飲食店でもこの方法により、
やるたびに毎月の売上を50万、60万と通常の売上に上乗せすることができています。

2つ目 法人に直接アプローチすることができるから

チラシというのは、新聞折り込みだったら、多くの新聞折り込みチラシの中の1枚です。
だから、チラシを見つけてくれる確率は低くなります。 しかも、会社でゆっくり新聞なんて読んでいたら、上司から怒られてしまいます。 だから、宴会を企画する感じも新聞折り込みチラシまで読んでいる暇はありません。

しかも、ホットペッパーなどの情報誌も掲載するのに、多額の広告費が必要になり、
大体他のお店と同じように最低限の1コマしか掲載できません。
すると、掲載できる内容が似たり寄ったりになり、中々宴会客の受注には結びつきません。
しかも、ホットペッパー自体の購読者が、個人の方が中心なので、法人宴会を受注するのには、あまり適しているとは言えないのです。

しかしながら、FAXDMはどうでしょうか?
ホットペッパーのようなクーポンマガジンの場合、何十ページある中から自分のお店の宣伝部分を見つけてもらわなければいけません。

しかし、FAXDMならば、直接お客さんに手に取って読んでもらうことができます。
必ず気づいてもらえて、お店の宣伝ができるのです。
しかも、A4用紙まるまる1枚使ってお店の宴会の宣伝ができるので、非常に効率が良いのです。

特に法人の場合は、宴会のお店1つ決めるのにも、ある一定のルールがあります。
それが部内での回覧・稟議です。

例えば、人事課が忘年会の企画を考えている際に、
人事課の忘年会の幹事は、同じ課の人に、次のような文章を回覧します。

「●●のお店で忘年会を開きます。出席人数を把握したいので、参加不参加に●をつけてください」

と課内で出欠席の回覧をします。
その際に、FAXDMで送れば、お店の情報と共にそれが回覧され、忘年会予約に繋がりやすいのです。

1回の電話で10人、15人の来店ゲット!

今までは個人客が今日はどのくらい来店するかどうかで、日々の売上に一喜一憂していたのが一変します。 宴会客がとれ出すと、1回の電話でその日の10人、15人の来店売上を確保することができるので、経営が安定するようになります。

その日の売上が見込めなかった日々から解放され、事前に来店客数が見込めるようになるので、今までそれがいかにストレスになっていたか、ということに初めて気付く人も少なくありません。

今回あなたにお届けするのが、このFAXDMによる宴会客(新規客)獲得法です。
今回は、あなたがすぐに学べて、FAXDM原稿を書けて、宴会需要を獲得できるように、
パソコンで動画を閲覧できる形で提供させていただきます。

まずは、サンプル動画をご覧ください。

この動画ではどのようなお話をしているのか?その一例をお話ししますと・・・

①効果実証済みのFAXDM原稿を公開
私自身も検証済みで、すでに実績のあるFAXDM例文を公開いたします。 あなたは、その例文をまるごと真似して、あとはあなたのお店の宴会メニューを当てはめるだけで、簡単に反応率の高いFAXDM原稿を作成することができるのです。
②FAXを受け取った見込み客が、思わず本文に釘付けになるFAXDM文章
反応率が高いということは、もちろん、ファックスDMで一番広いスペースを使う本文も思わず読ませるための工夫がされているということです。初めての人にとっては、何を書いたら良いか分からない頭を悩ませる部分です。この本文を簡単に作成する方法をあなたは知ることができるのです。
③宴会予約がとれるファックスDMのデザイン構成とマリリンモンローの法則
今回の方法の中で、実際に宴会受注をとった最高の反応率を得るFAXDM原稿の実例をワード原稿で提供させていただきます。 この原稿を雛形に利用してもらうだけで、あなたのお店の宴会受注を増やすことができます。
④反応率をアップさせるために
商品以外に紹介しなければいけないものとは?

ただ単に、商品をFAXDMで紹介しても、申込みや問合せの数を劇的にアップさせることは難しいです。人は商品を買うのには理由があります。 その理由を満たしてあげることで、申込みや問合せ数は、さらにアップするのです。 FAXDMでは、一番重要な内容を一番目立たせるべきなのです。

ファックスDMに記載する内容の優先順位を知らないばかりに宴会予約数、問合せ数、来店数を下げていることが多々あるのです。 あなたは、どのようにFAXDMを作成するかを悩む必要は全くありません。

なぜなら、一般的に普及している「ワード」で作ることができるからです。 なお、宴会客を獲得するための反応率の高いファックスDMと全く同じテンプレートも、今回、お渡しします。 ワードファイルでお渡しするので、あなたはこのワードファイルを自分のお店のバージョンに置き換えてもらうだけでOKです。

今すぐ書き直して、今すぐFAXDMを配信してください。
30万円、50万円、100万円と送れば送っただけ、売上を上乗せすることができるでしょう。
⑤クレーマーの対処法と未然にクレームを極限まで“ゼロ”にする秘密

「勝手にファックスを送るな!」「なぜ、フックス番号をしっているんだ!」 何も考えずにFAXDMを送信してしまうと、直後からクレームの電話が入り始めます。 そりゃそうです。何の許諾もなしに勝手に送っているわけですから、こうした暇人クレーマーにしてみたら、久々に文句を言える相手が現れたのです。 あなたは格好の餌食となるでしょう。

しかし、こうした極一部のクレーマーのために、あなたが新規集客に及び腰になっては本末転倒です。
ある一文を加えることで、これらのクレーマーからの電話をほとんどなくす方法があります。 そして、こういう人に対する対処法を事前にしっておくことで、あなたは継続的に新規客を集め続けることができるのです。
⑥FAXDMの反応率を高めるための5つの工夫

FAXDMは、ファックス機を通して読み手の手元にとどきます。その時は、読み手の人間は、あなたのお店のことも知らないし、興味もありません。その状況から、興味を持たせ、反応をえるために5つの工夫をすることができます。 この5つの工夫をすることで、あなたのお店には注文の電話が鳴り、来店者数が増えることでしょう。

なお、お店にFAXが無くても、ご安心下さい。パソコン1台あれば大丈夫です。 私は、パソコンからFAXDM原稿を送ってます。なお、受信に関しても、パソコンでFAX原稿を受信する方法をお話いたします。あなたのお店にもきっと役に立ちます。

実は、このFAXDMの方法は、
法人の宴会予約獲得に役に立つだけ
ではありません。それ以外にも・・・

一体、どんな用途や業種で役に立つかというと・・・

などなど、色々な用途に使えます。

成果を出してもらうための特典

1.実証済みのFAXDM雛形(3万円相当)

あなたに成果を出してもらうために、効果実証済みのFAXDMの雛形原稿をサンプルとして提供します。この雛形を参考にして作ることで、あなたも宴会客をゲットすることができるでしょう。

もう、これ以上余計なことで頭を悩ます必要はありません。

1.実証済みのFAXDM雛形(5万円相当)

雛形だけではありません。既に送信して結果がでている効果実証済みの原稿だけをテキストに盛り込んであります。更に、この教材を学んで、実際にいち早く成果を出した飲食店さん(お蕎麦屋さん)のFAXDM原稿を特典としてつけさせていただきました。

この教材を学び1500件(配信代金15000円)に送って、僅か2日間以内に7件40人の宴会受注をとったFAXDM原稿です。配信して2日後に聞いた成果ですので、実際はもっと予約件数は増えているでしょう。

このFAXDMをそのまま真似すれば、あなたは具体的な記述もどのように書けば良いか分かりますよね。

既に成果を出しているFAXDMをそっくりそのまま真似することで、余計な失敗をせずにすみます。余計な時間も苦労もお金も使う必要がなくなるのです。

価格についてお話します・・・

このセミナーの価格についてお話しする前に、このFAXDM集客法を実践すると、どの位の売上になるのか、お話したいと思います。 この方法を学び、宴会の予約が入るようになるとします。

先日も利用した方から連絡が入りました。

会社2500件(費用2万5千円)に して、 結果、売上60万円(8件120名)になっています。また、別の方は、2000件(費用2万円)にFAXDMを送り、40万円の売上

このようにやれば結果がでています。

そして、この教材を実際に学び、FAXDMをやるのが初めてという大阪の居酒屋さんは、恐る恐る390通だけ送信したそうです。 配信費用は3,900円。そして、その日の夕方に1件予約が入りました。 一人4000円の忘年会コース15名様。 合計6万円の売上です。分かりやすいですよね。

例えば、これが5件入れば30万円。10件で60万円です。

もし、この方が同じ市内で3,000 枚を配信したとします。
1件10円の配信料金が掛かりますので、広告費は3万円。
そして、4000円の宴会15名が10件入れば60万円の売上になるのです。

そして、この教材を学んだ別の富山のお蕎麦屋さんは、1500件に送り、わずか2日間で予約が殺到。
7件40人売上16万円の宴会予約を受注しています。その後、聞いたところ、以下のような返信メールをいただきました。

(ここから)

こんばんは 嫁兼です。
昨日から雪が降りはじめ、昼ごろには雨になり

夕方からはまた雪。今は10㎝ぐらい積っています。
明日朝には30㎝ぐらいになっているかも・・・
雪かきがゆううつです。

12月、1月、2月はこんな日が何日もつづき
予約がない日は、お客さん誰も来ません。
でも今年の12月の萱笑は違います。

なんとFAXDMでの来店予定客数197名(24組)になりました!
2回目のFAXDMでグッと増えました。

個人での宴会予約も179名(20組)あるので合計376名(44組)
最近はおことわりの電話ばかりで すが、なんとか宴会予約ねじ込もうと、
「この日ならなんとかできますが」と、お客様の希望日じゃない日に変えてもらってます。

おかげさまで、過去最高宴会客数になり毎日パートさん達には忙しく仕込みしてもらってます。
やっぱり、結果が出るってめちゃめちゃうれしいですね。

(ここまで)

ご覧のとおり、1500件へ都合2回、合計3000件の配信結果が、24組197名の宴会売上につながっています。一人予算3500円なので、3万円の配信費用で73万9500円の売上です。

しかも、宴会予約を取りやすい時期ですから、もっととれる場合ももちろんあります。
なぜなら、あなたがFAXDMを送らなくても、毎日のようにどこかで忘年会が開かれているからです。

ちなみに、配信先の数が3000件を越すと、9円、8円と配信数に応じて、料金が安くなります。

このように3000件の配信料金3万円で60万円の売上になったら、これは非常にお得な投資だとおもいませんか?しかも、宴会需要は毎年定期的に増える時期がありますよね。

1月の新年会、3月4月の歓送迎会シーズン。夏の納涼会シーズン。年末の忘年会シーズン。

こうしたシーズン中に合わせてあなたは何度でもFAXDMを送り続け、宴会売上げを獲得することができるのです。 弊社のクライアントさんは、このFAXDMを行い、継続的に売上を伸ばしています。
つまり、1シーズンに少なく見積もって50万円の売上を得るとしましょう。 年間にこうした宴会シーズンが何回あると思いますか?

1月の新年会、3月の送迎会、4月の歓迎会、5月のゴールデンウィーク、7月、8月の納涼会、10月の秋の収穫際、11月後半から12月にかけての忘年会。最低でも5回以上あります。つまり、これらのチャンスを活用すれば、年間で250万円を上乗せすることができます。しかも、この方法は、今回限りでなくお店をやっている限り、ずっと使い続けることができるのです。

とくに、やっている人が少ないからこそ、今がチャンスなのです。
このように新規のお客さんを得られる方法をマスターする方法を、
わずか10万円で公開しようと思います。

この金額なら宴会客1組か2組で回収できます。

しかし、10万円では、本当は年間250万円程売上を伸ばせる見込みのある飲食店でも、
今の売上が低すぎて10万円は払えないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで、そうした方たちにも売上を伸ばすチャンスを手にしてほしいと思い、ある決断をしました。 どれだけ遠慮して、少なく見積もっても10万円以上の価値があるとは思いますが、これから繁盛飲食店になろうと頑張る方でも利用しやすいように、今回は5万円という破格の設定にしました。

そうです価格は5万円です。
5万円ならば1回のFAXDM配信で得られる売上で今回の費用はすぐに回収できますし、
あとは全てあなたの儲けとなってお店にお金が増えていきます。

しかしです。

私は、この方法をもっと全国の方に知ってもらいたいと思い、39200円(税込)で提供させていただくことにしました。

これを高いと思うのであれば、しょうがありません。
私も効果的なノウハウを無意味に安売りするつもりもありませんので、ご遠慮ください。

それでは、FAXDMを新たな集客方法として取り入れて、お店の売上をのばしたいかたは、下記の申込フォームに必要事項をご記入の上、今すぐ手に入れてください。

あなたからの売上アップの報告をお待ちしております。

FAXDMで宴会客を獲得する方法
内容
  • なぜ、FAXDMなのか?
  • 反応率の高いFAXDM作成法
  • キャッチコピーの作り方
  • 読み手を釘付けにする本文の書き方
  • 上手なFAXDMの構成と反応率を高める写真の使い方
  • 仕組みで儲けるFAXDM術(全体的なビジネス構築法)
提供方式 ■オンライン学習システム
あなたのパソコン上で動画を閲覧して学ぶことができる形式です。 動画データのダウンロードも可能です。
価格 5万円(消費税込み)→39200円(税込)
支払い方法 1.クレジットカード(PAYPAL使用・VISA・MASTER・JCB・AMEX)
2.銀行振込(教材はダウンロード形式です。)
image

講師プロフィール

ハワード・ジョイマン

ハワード・ジョイマン

・有限会社繁盛店研究所 代表取締役
・株式会社繁盛店研究出版 代表取締役
・繁盛店グループ総代表
・コピーライター
・中小企業診断士(経済産業省 登録番号402345)

1975年 静岡県清水市生まれ(現在:静岡市清水区)

自営業の家に生まれ、親戚一同も会社経営をしていることから、小さい頃より受付台にたち、商売を学ぶ。

大学入学と同時にお笑い芸人としての活動を経験。活動中は、九州松早グループの運営するファミリーマートのCMに出演。 急性膵炎による父の急死により大学卒業後、清水市役所に奉職。

市役所在職中に中小企業診断士の取得を始める。昼間は市役所で働き、夜は診断士の受験勉強。そして、週末は現場経験を積むため無給でイタリアンレストランでの現場修行を経験。6年間の試験勉強を経て、中小企業診断士資格を取得。

取得を契機に7年目で市役所退職。退職後、有限会社繁盛店研究所(旧:有限会社マーケット・クリエーション)を設立。

コンサルタントとして独立後、全く仕事がなく、日々思い悩む日々を送る。食欲もなくなり病気の心配から医者の診察を受けると、「体に問題はありませんが、商売はうまくいっていますか?」と医者に商売の心配をされ、帰り道に号泣。更に、独立以前に毎月ためていた貯金が底をつき、妻に300万円を借りる。この300万円が無くなったら再就職をすると誓約書を書く。

こうした経験から、店舗経営者でも同じように資金繰りや集客で悩んでいる方も多いことに気付く。こうした方達のサポートを通じて、業績の改善、魅力ある店舗作りのサポートにまい進することを誓う。

お笑い芸人として活動していた経験から、小売店や飲食店、美容室、整体院の客数増加や店内販売活動に、お笑い芸人の思考法や行動スタイル、漫才の手法などを取り入れることで、クライアントの業績が着実に向上していく。

こうした実績を積み上がるに従い、信奉者が増える。

独自の繁盛店メソッド「笑人の繁盛術」の考え方で、コンサルティングを行う。

発行するメールマガジンは、専門用語を使わない分かりやすい内容から、メルマガ読者からの業績アップ報告が多く、読者総数は1万人を超える

会員制コンサルティングサポート「増益繁盛クラブ」を運営。人気テレビ番組ガイアの夜明けにも取り上げられるなど注目を浴びる。これまで北は北海道から南は沖縄、そして、アメリカからも参加する方がいるなど、多くの方が実践を続けている。

コンサルタントが購読する「企業診断」(同友館)からもコンサルタントに向けた連載を依頼されるなど、コンサルタントのコンサルタントとしても活躍中。

どんなに仕事が忙しくとも毎月1回の先祖のお墓参りを大事にしている。祖母、母、妻、長女と共に暮らす家族を愛するマーケッター。

それでは、この価値を理解した意識の高い方だけ、下記の申込みフォームよりお申込みください。

FAXDMで宴会客を獲得する方法オンライン学習講座
教材名
FAXDMで宴会客を獲得する方法
支払方法
クレジットカード(VISA・MASTER・JCB・AMEX)
代金引換配送による支払
会社名・店舗名
名前
メールアドレス
郵便番号
住所
電話番号